スタッフブログbyメガネパーク&BLESS

メガネパークのスタッフによるブログです。

H-fusion☆新作ご紹介 

こんにちは☆
メガネパーク村上です♪

今回は、エイチフュージョンの新作のご紹介です!!!


DSC_0245
エイチフュージョン 116 COL-1S ¥28,000+税

DSC_0246

50年代のヴィンテージスタイルをリソースとして、
現代のファッションシーンに融合するようアレンジしたサーモントモデル

軽量なチタンと薄くそぎ落としたセルロイドを組み合わせた
線の細いクラシックフレームです

DSC_0247

智とテンプルには楕円形の鋲が施されており、エイチフュージョンらしい
1本!!

DSC_0248

ビジネスからカジュアルスタイルまで幅広くお使いいただける
最新モデル


オススメです



↓↓↓眼鏡・サングラスのご購入は当店公式オンラインショップで↓↓↓ ショッピングサイト


関連記事
H-FUSIONの関連記事

H-FUSION新作ご紹介! 

こんにちは!BLESS笠谷です

今回は「H-FUSION(エイチフュージョン)」の新作のご紹介です!
「H-FUSION」は1960年代~80年代のデザインをリソースし
「クラシックでありながらモード」といった矛盾しそうな
スタイルをひとつのカタチにした眼鏡です。
素材にはセルロイドを使用している為、
歪みが少なく使用するほど顔になじみます
そしてきめ細かい光沢を放つセルロイドを使用することで
より上品にクラシックな質感をもたらします
また「H-FUSION」は日本の眼鏡産地・鯖江の眼鏡職人たちによって
一本ずつ丁寧に作られています。


そんな「H-FUSION」の新作はこちら!

110-1画像01
110-1画像02
110-1画像03
110-1画像04
HF-110 Col.1 ¥27,000-(税抜き)

110-65画像01
110-65画像02
110-65画像03
110-65画像04
HF-110 Col.65 ¥27,000-(税抜き)


厚みのあるセルロイドと彫金柄が施された
チタンのテンプルを組み合わせたコンビネーションフレームです。
部品や素材など「クラシック」としてこだわりをみせました
現在のファッションに融合したスタイルとなっています。


サイドの彫金はフロント部分からテンプルに続いておりますので
髪で隠れることもなくおしゃれ感がたっぷり出ます!
今時のおしゃれフレームです!!!

個人的にもすごく好きなデザインです

ぜひたくさんの方に見ていただきたいフレームです




↓↓↓眼鏡・サングラスのご購入は当店公式オンラインショップで↓↓↓ ショッピングサイト


関連記事
H-FUSIONの関連記事

H-FUSION 207 

こんにちは、BLESS岡田でございます

今回は店頭の希少価値高いフレームをご紹介致します

H-FUSION 207 COL.1 ¥23,000-(税抜き) 50□21 144

H-FUSION207.jpg


H-FUSIONは、
スペックエスパスも手掛ける山岸誉さんがデザインし、
福井県の職人さんがハンドメイドで仕上げるブランドです

最高のデザイナー最高の技術の必要なモデルです


フレーム素材はセルロイドでできており
丁番には7枚丁番を使用することで
堅牢な作りとなっております

H-FUSION2072.jpg


セルロイドはとても肌に馴染みやすく
使えば使うほどその人にあったフレームとなります
しかし近年は取扱いが難しい為、
セルロイドを使わずアセテートを使ったフレームが主です


そこをあえて取扱いの難しいセルロイドを使うことで
アセテートには無い、
重厚感や、艶、キレイな発色
・・・
を表現しております。



そして作りだけではなく
デザインも最高のデザイナーによるモデル

クラシックなウェリントンタイプですが
大きすぎず小さすぎない為、
老若男女問わず、
ウェリントンに抵抗があった方も
使いやすいオシャレなデザインとなっております


フロントとテンプルに入った3点のカシメが
とてもオシャレです
普通は2点のところを、3点にするところが
より一層オシャレ感を引き出します

H-FUSION2073.jpg


お仕事場はもちろんオシャレな一本としても
大活躍できる、TPOを問わないモデルです



「この一本であらゆる表現が可能です」



店頭在庫わずか一本です
気になった方、是非お気軽にお問い合わせくださいませ!!




↓↓↓眼鏡・サングラスのご購入は当店公式オンラインショップで↓↓↓ ショッピングサイト


関連記事
スペックエスパスの関連記事

スペックエスパス編(IOFT2011リポート・その7)。 

続きましてはIOFT2011リポート・その7です。
IOFT2011の2日目に入りました。

IOFT2011リポート・その7 画像1
2日目も東京は良いお天気で、
すがすがしい朝を迎えることが出来ました。
そして朝から「めざましテレビ」を見て
ベストメガネドレッサー賞のニュースを
探していました。授賞式の模様が流れていましたね!!
その場面に入れたことは大変嬉しいですね。

IOFT2011リポート・その7 画像2
そして朝食も終え、IOFT会場へ。

IOFT2011リポート・その7 画像3
早く会場入りしていたので
まだ入れずに待機中です。

IOFT2011リポート・その7 画像4
昨日のベストメガネドレッサーの方々のパネルです。
これだけの有名人を見ることはほとんどないでしょう。
とても素敵な体験が出来ました。感謝です。

そしてIOFT会場が開き、
まず向かったのはスペックエスパスのブースです。
有名メガネデザイナー・山岸誉さんのデザインと、
福井県の眼鏡職人さんのハンドメイドにより
生み出される空間を生かした立体的なデザインは
芸術品と呼べるかもしれませんね。

では早速ご紹介していきます。

IOFT2011リポート・その7 画像5
ヒンジレス仕様の新作フレーム。
アセテートのフロントとβチタンのシートメタルで構成された
ヒンジレスのコンビネーションフレームです。

IOFT2011リポート・その7 画像6
こちらもヒンジレス仕様。
このモデルはレンズを固定する部分が
ナイロールタイプになっています。

IOFT2011リポート・その7 画像7
こちらはヒンジレス仕様で
1枚のシート状のチタンからレンズを
挟む部分を線状に切り出しています。

IOFT2011リポート・その7 画像8
ヒンジレス仕様のサングラス。
日常生活やスポーツ、産業などあらゆる場面で、
「目を守る」といった観点からデザインされました。

ヒンジレスフレームのご紹介は以上です。

IOFT2011リポート・その7 画像9

IOFT2011リポート・その7 画像10
そして2枚のシートで構成された立体フレーム。
このモデルは通常のメガネのように折りたたみが可能です。
テンプルには弾力が出る構造を組み込み、「調整の自由度」と
「かけやすさ」を追求されています。

IOFT2011リポート・その7 画像11

IOFT2011リポート・その7 画像12
このモデルも2枚のシートで構成された立体フレームですが、
テンプルには超弾性ナイロン樹脂「グリルアミド」を使用し、
快適なかけごこちを生み出しています。

IOFT2011リポート・その7 画像13
鮮やかなラミネートタイプの生地を使用した
サングラスフレームもありました。

そして続いては「H-FUSION」です。
このH-FUSIONもホマレさんがデザインされています。

IOFT2011リポート・その7 画像14

IOFT2011リポート・その7 画像26
H-FUSION HF-207です。
ウエリントンタイプのセルロイドフレームで、
フロントとテンプルに打ち込まれた3ドットの「カシメ」が
クラシックかつモダンな印象を与えます。

IOFT2011リポート・その7 画像15
H-FUSION HF-206です。
縦幅・横幅ともにワイドな、やや大きめのフレーム。
上部のラインに施したカッティングが立体的な印象を与える
新しいスタイルのクラシックスタイルです。

IOFT2011リポート・その7 画像16
H-FUSION HF-208です。
トラッドな雰囲気を感じさせるボストンタイプのフレーム。
アカデミックな要素の強いボストンタイプは
クラシックフレームの新たなスタンダードとなります。

新型H-FUSIONのご紹介は以上です。


IOFT2011リポート・その7 画像17
その他にもスペックエスパスの名作モデルも
オーダーさせて頂きました。

IOFT2011リポート・その7 画像18
エスパスの名作と言えばやはりこれでしょう!!
眼鏡職人・西野正美さんが手作りで生み出す
「ES-8201」のセルロイドシリーズ。
エスパスでは鉄板中の鉄板の人気モデルですね。
私も大好きなフレームです。

IOFT2011リポート・その7 画像19
人気ナンバー1のカラー・ブラック。
セルロイド素材ならではの艶、輝きが
とてもキレイなモデルです。
本当にカッコイイ作品ですね。

IOFT2011リポート・その7 画像20
そしてこちらがES-8201の縦幅を少し大きくした
ES-8203。遠近両用レンズを入れやすくしたモデルです。

IOFT2011リポート・その7 画像21
こちらはES-8201のデザインでフレームの
素材がアセテートにし、テンプルを
細めにしたES-5201。価格帯もES-8201よりも
リーズナブルな¥18,900になっているので
人気のモデルですね。

IOFT2011リポート・その7 画像22
そしてこちらが超人気モデルのES-5042。
ミュージシャンの藤井フミヤさんが愛用されていたことでも
有名なモデルです。

IOFT2011リポート・その7 画像23
この「ES-5042」は製造の煩雑さゆえ、
「再生産はNG」とされてきたモデルです。
今回、「spec espace」10周年を迎えたということで、
職人さんたちを再び説得し、2度目の“復刻”となったようです。
こちらもオーダーしておりますので
お問い合わせ受付中です!!

IOFT2011リポート・その7 画像24
そして商談中にホマレさんから
クッキーをいただきました。
おもしろいデザインのクッキーでしたので
食べるのも惜しいと悩んでいたのですが、
おいしくいただきました。(笑)

IOFT2011リポート・その7 画像25
最後にホマレさんと記念撮影です。
いつも大変良くして頂いてありがとうございます!

IOFT2011リポート・その7 画像27
IOFTとエスパスの10周年の
記念品としてスカーフをいただきました。

IOFT2011リポート・その7 画像28
ホマレさんも巻いていたエスパス特製スカーフ。
大切にしますね!!!

スペックエスパス、そしてH-FUSIONの
商品が入荷いたしましたら、ブログにて
ご紹介していきます。
ぜひお楽しみに!!

次はIOFT2011リポート・その8です。
次回をお楽しみに!!


↓↓↓眼鏡・サングラスのご購入は当店公式オンラインショップで↓↓↓ ショッピングサイト


関連記事
●スタッフのひとりごとの関連記事